今日もまっすぐ帰れません

おさるのジョージきいろいぼうしのおじさんの正体は?年収や職業などの情報まとめ

おさるのジョージ 黄色いぼうしのおじさん

NHKで毎週やっているおさるのジョージを楽しみにしている人も多いはず。我が子も楽しみで毎週のように見ています。

おさるのジョージは、好奇心旺盛な子ざるのジョージが街で騒動や冒険を繰り広げるお話です。

おさるのジョージを見ていると気になる人がいました。

そうです、黄色い帽子のおじさんです。毎回のお話で必ずと言っていいほど登場するのがこの黄色い帽子のおじさんです。

黄色い帽子のおじさんがジョージにおおらかな心で接していると、SNSでも話題になっています。

おさる語を理解しているし、ジョージの気持ちを一番理解している。
いやいや、待て待て。黄色い帽子のおじさんのジョージに対する声かけもすごすぎる。
え?何者?

この記事では、黄色い帽子のおじさんにスポットを当てて、黄色い帽子のおじさんの名前や正体、仕事、また黄色い帽子のおじさんの声かけについて調査していきます。

黄色い帽子のおじさんのことを知って、おさるのジョージをより楽しめるようにしていきましょう。

きいろいぼうしのおじさんはなぜ怒らない?セリフから考える怒らない理由

「おさるのジョージ」とは?

まずおさるのジョージですが、アメリカの作家によって生み出されたキャラクターです。

今ではNHKのEテレでテレビアニメーションシリーズがスタートし、日本の子供たちからも大きな支持を得ています。

おさるのジョージとは?

ジョージは、アメリカの絵本作家レイ夫妻によって1941年に刊行された絵本「Curious George」に登場するキャラクターとして生み出されました。

日本ではその絵本が「ひとまねこざる」シリーズとして1954年に出版されて以来、身の周りのあらゆることに対し好奇心をもち、愛らしい騒動や冒険を巻き起こすジョージは、多くの人々に愛されてきました

2008年にNHK EテレでTVアニメーションシリーズがスタートし、アニメ版のジョージもさらに多くの子どもたちから支持を得るようになります。

それでは、公式ホームページの方では、ジョージや黄色い帽子のおじさんの紹介を見ていきましょう。

キャラクター紹介

  • ジョージ

    知りたがりやのこざる。黄色い帽子のおじさんと一緒にアパートに住んでいる。
    身の回りのものを何でも調べてみないと気がすまない。
    そのために、時には思いがけない騒動を起こしたり、冒険をしてしまうことも・・・。

  • 黄色きいろ帽子ぼうしのおじさん

    ジョージのいちばんの友だちであり、良き理解者でもあり、ジョージをいつでも信頼している親のような存在でもある。
    トレードマークは黄色い帽子で、洋服やネクタイも黄色いものを好んで着ている。

    おさるのジョージ」公式HPより引用

黄色い帽子のおじさんのトレードマークは、何といっても黄色い帽子、それ以外にもシャツやパンツ、ネクタイも黄色のキャラクターです。

ですが、公式ホームページを見ても、黄色い帽子のおじさんの名前が載っていません。

それどころか、職業や普段何をしているかということも曖昧なままです。
これではテレビを見ていて、気になっている人が多いのも頷けます。

 

X(Twitter)での黄色い帽子のおじさんへの反応

謎が深まるばかりです。

X(Twitter)での黄色い帽子のおじさんの反応を見てみましょう。

黄色い帽子のおじさんのジョージに対する言葉がけや接し方をみて、真似できない…という声や、黄色い帽子のおじさんん暮らしぶりをみて何者…?と感じている方が一定数いますね。

ますます、謎が深まります。一体何をしている人なのでしょうか。

黄色い帽子のおじさんの正体は?

黄色い帽子のおじさんの名前は?

まず黄色い帽子のおじさんの名前ですが、「テッドシャックルフォード」といいます。

2009年の劇場版おさるのジョージ「ゆかいな大冒険」で黄色い帽子のおじさんの名前が判明しました。

ちなみに、原作やアニメの中では、黄色い帽子のおじさんの名前は明かされていません。ナレーションや公式ホームページでのキャラクターの紹介でも黄色い帽子のおじさんとなっています。

黄色い帽子のおじさんはどこに住んでいる?

住んでいる場所は、アメリカのニューヨーク

ドアマンがいる、ニューヨークのマンションに住んでいます。何階かはわかりませんが、上層階に住んでいます。

別荘を持っているので、別荘からお話が始まることもあります。

ニューヨークのドアマン付きの高層マンション、と、かなり良い暮らしぶりがうかがえます。
裕福な家庭出身という情報もありました。

黄色い帽子のおじさんの職業は?

次に、黄色い帽子のおじさんの職業についてです。

帽子のおじさんは何か講演をしたり、論文を書いていたりするシーンがありますが、普段はどんな仕事をしているのでしょうか?

帽子のおじさんの仕事は、ニューヨークにある博物館の学芸員です。

気になったのでアメリカの学芸員で働く人の年収を調べてみました。

大体700万円〜で、有名な美術館や博物館の場合1000万円ほど、とのことでした。

アメリカの物価高を考えると高すぎるということはないのかもしれませんが、生活に余裕を感じるのも頷けますね。

黄色い帽子のおじさんの家族構成

黄色い帽子のおじさんの家族ですが、お母さんはバースデーカードのやり取りをするくらいで、直接出てきたことはないようです。
遠くに住んでいて農場に住んでいる従兄弟やパワフルな叔母さんがいます。
叔父さんは、スコットランドの城主という情報もありました…!

ちなみに、衝撃だったのは、黄色い帽子のおじさんには彼女がいるということ…!映画版で出てくるんです。

しかもマギーという金髪美女ではありませんか!

度々出てくるワイズマン博士との噂もあるようですが、ただの友達のようです。

子育ての参考にしたい!
黄色い帽子のおじさんのジョージへの声かけ

子育ての参考にしたいと感じた黄色い帽子のおじさんのジョージへの声かけ・名言を紹介します。

「本当の学習とは経験と好奇心から生まれるもの」

黄色い帽子のおじさん自身もいろんな経験や好奇心から多くのことを学んでいるのだろうなと気付かされました。

黄色い帽子のおじさんはジョージの失敗をいつもおおらかな態度で接して優しく許します。きっと失敗ではなく学びだということに黄色い帽子のおじさんは気づいているのでしょうね。我が子がやったら、キーってなってしまいます。反省。

ジョージに色々な経験や好奇心を大事にしてほしい理由がよくわかる一言ですね。

「お前(ジョージ)といると毎日がサプライズだ!」

子どもといると日々の忙しさに追われてしまい、毎日が特別(サプライズ)だということは忘れがちになります。

写真で見返していると、あぁこの瞬間には戻れないんだな、ということに気づくのですが…

そんな何気ない毎日がジョージがいることでサプライズになっているということに気づいている黄色い帽子のおじさん、さすがです!

「なぜだ?ジョージ」

子どものイタズラや失敗を見て、私はついつい怒ってしまいがちなのですが、黄色い帽子のおじさんは違います。

イタズラや失敗に対して理由を尋ねます。ジョージの思いを受け止め、時には、なぜ失敗だったのかを理由を伝え、もう一度やってみるか?と促します。

子どもなりにやりたいこと、形にしたいことがあるのに大人は結果を見て、「なんでこんなことしたの⁉︎」と怒ってしまう時があります。

子どもの思いを第一に考え、理由を尋ね、次にいかすことができる声かけをしていかないとなぁと感じました。

まとめ

今回は、黄色い帽子のおじさんにスポットを当ててみました。

個人的に好きなエピソードに「ドーナツのお話」があります。

黄色い帽子のおじさんはドーナツを12個買うようにジョージに頼むのですが、0を勝手に増やして1200ものドーナツを注文してしまいます。

部屋中ドーナツまみれになった様子を見ても黄色い帽子のおじさんは決して怒らず、

「数のいい勉強になった。」とジョージの失敗を学びになったと喜んでいるんですね。

ちなみにその後、ドーナツは街の人たちに配られるのですが…。懐が広い。広すぎる。

私も、黄色い帽子のおじさんのように大きな心で子どもと関わっていきたいと改めて感じました。

きいろいぼうしのおじさんはなぜ怒らない?セリフから考える怒らない理由

おさるのジョージが見放題【ABEMA】無料トライアル実施中!
モバイルバージョンを終了